結婚式選びの秘訣

ウエディングイメージがまとまったら、見積りをもらいましょう

あとはお見積りをもらって判断

挙式の見積もりをとる
ゲスト人数も大体把握できて、ウエディングプランやイメージもかたまってきたら、見積りをもらって判断しましょう。
見積りは、きちんと細部までチェックして、わからないことや疑問に思うことがあれば遠慮せずに確認してOK!内訳項目がない場合は、見積り金額に含まれるものと含まれていないけど必要になるものを、きちんと聞いて整理しましょう。見積り金額に含まれていると思っていたものがオプションで追加費用になって予算オーバー・・・なんてことも少なくありません。パッケージプランだからと安心していると、ふたりにとっては不要な出費がかかっていたり、思ったようなイメージにならなかったりする場合もありますよ。ドレスのレンタル費用が含まれていると思っていたら、選べるドレスのパターンが少なくて結局追加料金になってしまったり、ゲストのドリンク代を別途請求されてしまったりという失敗例もありますので、見積り段階で、細かくチェックして不明な点はどんどん質問しながら、できるだけ実際の請求金額に近づけられるよう具体的に把握しておくことをオススメします。
遠方から来るゲストの宿泊手配費用や、ブライダルエステ・ブライダルネイルにかかる費用、お車代、カメラマンの費用など、できるだけ細かくリストアップして、ひとつひとつの費用と含まれる内容を確認しましょう。
また、ふたりの挙式イメージが曖昧なまま進めてしまうと、言いなりのプランになってしまう可能性もあるので注意して。

おすすめ記事ピックアップ